ARANJUEZ Model 725 630mm 杉 桜井 正毅 監修クラシックギター -その他








Aranjuez ギター
クラシックギターを始めるプレイヤーにとって、弾きやすさは非常に大切な要素です。
アランフェスギターは日本人の身体に合うよう、ネック形状をあらゆる角度から検証し製作されています。
豊かな響きと絶妙な音のバランスを体感して下さい。

店長より・・・
一般的な楽器店ではあまり目にする事の出来ない、アランフェスギターです。
アランフェスギターは、高額なクラシックギターを扱うクラシックの専門店では定番のモデルとして人気がありますが、一般的なLM系の楽器店ではあまり扱っていない希少性の高いブランドです。
このMODEL 750 シリーズは、世界の銘工 桜井正毅氏監修のもと設計されたモデルで、ギターの最も重要の音を作り出す表板の製造・ブレーシングの取り付け加工、口輪の取り付けを桜井正毅氏が行い、他の工程は高峰楽器製作所の高い技術で製作製作し、その後、ナットの溝切りやサドルの成形など、最終のギターの弾き心地やバランス調整を1本1本桜井正毅氏が仕上げを行なっております。
まさに、国産にこだわった河野桜井ギターと高峰楽器製作所とのコラボレーションから生み出されたクラシックギターです。

試奏した感想です。
このモデルの大きな特徴は弦長がジャパニーズ仕様などとも言われる630mmに設計されたギターで、通常のモデルに比べ短くなっておりますので、手の小さい方や女性の方に人気の高いモデルです。
実際に触ってみると、650mmのモデルと比べ大変弾きやすく、無理せずに演奏に集中出来ます。
弦長が短くなるとテンションが弱くなるので音がぼやけるかと思いながら弾いてみましたが、弾いてみた実感としてむしろ650mmのサイズに比べ引き締った音に太い芯のある感覚がありました。
音質は、芯がありながらシダー特有の豊かで甘みのる質感と、ローズウッドの柔らかく包み込む様な優しい低音が魅力的です。
アランフェスの650mmに比べ若干サスティーンが少ないような気もしましたが、他社のブランドと比べるとむしろサスティーンも長いぐらいでしたので驚かされます。
日本人の好みの仕上がりになっていると思います。

監修 :桜井正毅
表板 :杉(シダー)単板 
裏板 :ローズウッド単板
横板 :ローズウッド単板
ネック :マホガニー(カーボンロッド補強)
指板 :エボニー
:ローズウッド
弦長 :630mm
塗装 :ウレタン

※ハードケースは付属しておりません。

【送料無料】
※沖縄県/その他離島にお住まいの方別途送料が掛かります。

日本自然保護協会は、生物多様性を守る自然保護NGOです。

Aria AD-18 N (Natural)《アコースティックギター》【送料無料】【ONLINE STORE】

ARANJUEZ Model 725 630mm 杉 桜井 正毅 監修クラシックギター -その他